3種類の脱毛を把握しよう!痛みの違いがあるってほんと?

脱毛エステサロンに通ったことのない人からすると、どの脱毛エステも同じ。値段の差が生じるのはなぜ?と思う人が多いのかもしれません。ただ、一般的に、大手エステサロンには3種類の脱毛方法があり、機械も違います。

変換 ~ IMG_0034

3種類は、ニードル脱毛、レーザー脱毛、フラッシュ脱毛。

ニードル脱毛は、電気が通っている針のような機械を使います。毛根を「焼き切って」行う脱毛方法で、1本ずつ細かい作業をするため、永久脱毛になります。毛周期に合わせて行いますが、毛根を焼き切ることで強い痛みが伴います。エステティシャンの技術によっても痛みの感じ方が違いますが、電気針の痛みは他の施術方法に比べて強め。ジェルを使いながらでも、痛みを感じる人が多い方法でもあります。

レーザー脱毛は、レーザー光をあてて施術する方法です。

よく、ニキビ治療やほくろ除去でもレーザーが使われますが、黒い色素に反応させて、抜け落ちやすくする方法は、ニードル脱毛よりかは痛みは弱め。ただ、ゴムで弾かれるような痛さがあります。医療機関との提携が必要なので、美容外科などが行っていることもあります。いざという時に医師に見てもらえるメリットもあります。

フラッシュ脱毛は、いわゆる「光脱毛」とも呼ばれる方法で、痛みのレベルは一番弱めです。

レーザー光同様、パチッとしたゴムで弾かれる痛みはあるものの、ジェルを使ったり冷やしたりして行うことで、施術途中で眠ってしまう人もいるほどの施術内容です。ニードル脱毛、レーザー脱毛と比較しても痛みは弱いので、最初からフラッシュ脱毛を選ぶ人も多いです。エステサロンで多く取り入れられていて、価格も安く初心者でも施術しやすい魅力があります。

フラッシュ脱毛の注意点は、一度抜けた数年後に、ひょっこりとムダ毛が再生することがある点。毛周期にそって施術してゼロになったと思ったものの、数本が生えてくることがあるんですね。完全なる永久脱毛にはならないことを注意しておきたいものです。

どれぞれに脱毛のメリット、デメリットがあります。価格の差、痛みの差もあるので、どの方法があるのかは自分の好みに合わせて考えていくのがおすすめです。

脱毛に通うべき!?自己処理にかける費用と時間を計算してみて

例えば、「ワキ脱毛に通ってみたいな」と感じていても、つい勧誘があるのではないかと思って、全身脱毛に通うチャンスがなかった人は、「自己処理にかける費用と時間」を計算してみることがおすすめです。

ワキの部位にはかなり太い毛が生えているものですよね。脱毛に通っても、2~3年はかかってしまう人が多いです。1.5ヶ月~2ヶ月に1度の頻度で訪れる手間……。会社帰りに行くのなら、定時に仕事を終わらせて?休日ならわざわざ脱毛サロンに行ったりして?それも手間なような気がします。

ですが、自己処理の手間の方が大変だったりするんです。

カミソリを購入する費用は?買いかえる頻度は?と考えるとかなりの出費です。

1週間に1度程度の自己処理、ワキやVラインだとスポーツジムに行く時、夏は水着になる時、温泉に行く時の前にはチェックしないといけないですね。そして、部位もワキにVラインにウデに足に、うなじに……。自己処理だと施術しにくい背中やお尻の部位はどうしましょうか。

そして、よく聞くのが、「処理忘れ」。ワキの黒ずみ、ぽつぽつを友人から指摘されたり、足から短いムダ毛が生えていてストッキングから見えてしまっていたり……。そんな時には「脱毛に行っておくんだった!」と思ったりします。

これがつるつるだと、生えてこないわけなのでシェーバーを買うこともなくなり、自己処理の手間もなくなります。それが楽ちんだと聞きますね。

変換 ~ IMG_0032

1ヶ所施術をはじめると、2ヶ所、3ヶ所と続けて施術していきたくなる気持ちが強くなってきますが、最低でもワキやVラインの2ヶ所くらいは独身の頃にケアをしておくといいですね。

独身の頃はケアする時間もあるかもしれませんが、結婚してから1週間に1度でも自己処理する手間を考えると大変な気がしませんか?

最近では、勧誘なしのエステサロンもあります。ワキの自己処理を忘れて、夏にノースリーブでバスのつり革を持つなど考えると「脱毛を完了しておく」ことがエチケットのような気も……。「いくらまでなら出費できるかな?」と考えつつ、予算に応じて脱毛を進めていきましょう!

脱毛中はどんなことに気をつければいい?肌ケアは?

全身脱毛をしている時には、肌にも気をつけなくてはいけません。ニードル脱毛にしても、レーザー脱毛、光脱毛にしても、ムダ毛が生えている部位に強い光をあてて行われます。黒い色素に機械を当てて照射することで脱毛が完了。毛が抜けるほどの光をあてて行うことになりますから、思ったよりも肌への負担は大きいものになってしまうんですね。

日焼けをすると黒い色素に反応する威力が弱くなります。そのため、夏場だと黒くならないように日焼け止めは必須。また、施術後はジェルを肌にあててくれますが、施術後だけでなく自宅ケアも大切です。乳液湿布などで保湿をしておくことも重要です。

施術の痛みはパチッパチッとしたゴムを弾いたような痛みですが、それが何回も続くと、施術後の肌を見ると赤くなっていたり、かゆくなっていたりもします。

注意すべき点の一つとして挙げられるのは、スクラブはN.G.だということ。よく、塩や砂糖のスクラブを使う人がいますよね。肌の角質の汚れを落とすことができるので、夏に使う人が多いです。

普通は、スクラブ→保湿になると思いますが、脱毛中は避けた方がいいでしょう。それは、塩や砂糖を施術した部分に塗ることで肌荒れを助長してしまうから。ケガをした部位に、粒の塩が入ると「染みる!」と感じることってありますよね。スクラブを肌につけて優しくなじませたとしても、この染みる状態になってしまうことがあります。

変換 ~ IMG_0025

施術していない部分はいいですが、洗い流す時に施術部分の方まで流れてしまうと「染みた!」なんてこともありますよ。

塩、砂糖のナチュラルケアではあるものの、スクラブの使用は脱毛が完了するまでちょっと待って。施術部位の上は避けておいた方がいいと言われています。気になるのなら、担当のエステティシャンに大丈夫かどうかを聞いてみるといいかもしれませんね。

また、施術後の赤みが続くようなら、お医者さんに行ったり、エステティシャンに相談したりすること。敏感肌の人は注意して施術を少しずつ行っていくことが重要なんですよ。

100円脱毛ができるエステサロン!○○は完了コースが100円で

脱毛エステサロンって値段が高いイメージがあります。美容に興味がある子はかなりお金をかけているみたいですが、「そこまでは払えない……」と思う人もいるのではないでしょうか。

個人的な体験談をお話すると、大学の同級生で、全身脱毛の10万円ローンを組んでいた子がいたんですね。当時、今みたいに月額で支払えるエステサロンもなかったため、10万円のクレジットカードのローンを組んで、分割払い。利子もかなりついていたみたいです。今は月額制で月々決まった金額で払うこともできるみたいですよね。

最近では、驚くべき安いエステサロンもあります。それが100円脱毛ができるエステサロン。

美容雑誌やブログなどで話題になっているミュゼプラチナム。このエステサロンがかなり割安で施術できると聞いて、調べてみました。

両ワキとVライン、美容脱毛の完了コースが100円というもので、人気の高いワキ、Vラインの2ヶ所を気にならなくなるまで通うことができるというプランです。いわゆる、「何回通っても同じ価格」の完了コース。これは他ではあまりないものです。

変換 ~ IMG_0024

ワキ、Vラインともに脱毛済みの私ですが、もっと早くに出会っていればと思うプランでもあります。ワキは1年の6回コースを施術後、ゼロにはならなかったので2年目も契約しました。1年目は割と安いプランでしたが、2年目はちょっと値段が高くなって、数万円のコースを契約したと記憶しています。

Vラインはまた別で支払っていますし……。それを考えると、ジュース代の100円で税込。何回通っても100円だなんてすごすぎます。

勧誘がないと書いてありましたが、「本当かな?」と思って、不安に思ってクチコミ評判も調べちゃいました。

http://www.lef2013.org/

ミュゼの体験をしてきた人のレポートでは、効果があった人がほとんどで、勧誘もないみたいですね。ミュゼプラチナムでは期間限定のキャンペーンで全身脱毛のフリーセレクト美容脱毛コースが割引になったり、12000円以上の全身コースを申し込むと両ワキとVラインの美容脱毛完了コースを無料プレゼントしてくれる特典がついてきたりと、魅力もたくさんあるようです。

自己処理していて「いつかやりたい」と思っているのなら、ミュゼがいいのかもしれませんね!

日焼け肌だと効果が低い!?脱毛中は日焼け止めを携帯すべし!

脱毛は日焼け肌だと効果が薄くなることを知っているでしょうか?

ニードル脱毛、レーザー脱毛と、よくエステサロンで実施されている光脱毛。ニードル脱毛はエステティシャンが電気の通った針を毛穴に挿して施術していくので、あまり日焼けは関係ありません。ですが、レーザー脱毛と光脱毛では黒い色素に「反応させて」施術を行います。そのため、日焼けして黒い肌になっていると脱毛効果も半減。中には日焼け肌=ほてっていたり、やけどのような状況になっていることも多く、そこに負担のかかる脱毛の光を照射することで肌トラブルにもなるようなんですね。

変換 ~ IMG_9888

そこで、脱毛をしている期間中に気をつけたいのが「日焼け止めをしっかり塗ること」。日焼け止めにはSPF50+、PA++++といった表記があります。日常生活では、SPF30~40ほどの数値でいいとされていますが、最近ではSPF50でも肌負担が少ない製品が出てきています。そのため、自分の肌に合う日焼け止めを塗っておでかけしたいところです。また、汗で日焼け止めが流れてしまうこともあります。その場合は、日焼け止めを携帯してこまめに塗りなおすこと。汗拭きシートの中には日焼け止め効果のある製品もあります。

ビオレのさらさらパウダーシートは、汗を拭きとりながらUVカットができる製品でSPF20、PA++。無印良品からも日焼け止めシートは販売されていて、SPF12、PA+。外出して汗をかいたら、シートで汗をふいて、その後でお気に入りの日焼け止めクリームでしっかり対策。すると、1日のおでかけでも日焼けしにくいです。

美白をすることで脱毛効果が出るのは、美容業界では有名な話。脱毛をする時に地黒の肌の人がお断りされたり、日焼けをできるだけ避けるように言われたりもします。これから脱毛したい時、エステサロンに通っている時は徹底した日焼け対策を!同じ回数でも、日焼けしていない人と日焼けした人では、大きな差がついちゃうかもしれません。

秋~冬から脱毛が新常識?いつから脱毛を始めればいいの?

脱毛をするにあたって、気にしたいのが季節。夏の時期にすべすべ肌になりたいのなら、春から通えば充分かと思い込んでいる人もいるかもしれませんが、それは間違いです。特に、忘れてはならないのが「脱毛中は毛抜きがN.G.になるエステサロンもあること」。黒い色素に反応させて施術していくレーザー脱毛や光脱毛。「毛を残しておく」ことが重要とされています。例えば、ワキなど毛深いところを「シェービングのみ」にした状態だと、ノースリーブは着られません。水着なんてもってのほかです。そして、脱毛は1回では完全に終わらないものなんですよ……。

変換 ~ IMG_9886

そこで、提案したいのが、秋から冬にかけて脱毛を始める方法。そうすると、ワキやVラインはもちろん、ウデやアシだって洋服の下に隠れているので、

・施術部位を日焼けしない
・シェービングで生やしっぱなしでも洋服に隠れるのでOK
・次の夏までには毛の量が減っていたり毛質が変わっていたりする

のがわかります。

大体、1年6回コース~2年12回コースの施術でワキのムダ毛が完全にゼロになることが多いので、1シーズンは水着になることを諦めるorエステティシャンと相談して処理してもいいかどうか聞くことで、夏を乗り切ることができるんです。

また、数回通うだけでも毛質が変わり、剛毛→産毛に変わっていることもあります。

ウデや足などは1回通うだけでも量が減ってケアしやすくなるので、秋~冬にはじめなくてもと思ったりします。ただ、露出の多い春~夏。その時に毛の量が少ないと言っても生やしっぱなしのウデや足を出しておくのは抵抗がありますよね。

ムダ毛が気になるのは、みんな春~夏。エステサロンでもキャンペーンを春から夏に設定していることもありますが、始めるべきタイミングとしてイチオシなのは「秋から冬にかけて」。冬、洋服に隠れている間にすべすべにしてしまいましょう!特に、ワキ、Vラインなど毛が太くて生えそろっている部分は早めに施術をはじめることで、つるつる素肌を手に入れられますよ。

例えば、エタラビのサロンは4ヶ月間無料で通える月額エステ。月々9500円のコースではあるものの、4ヶ月間無料で5ヶ月目から料金が発生します。顔から両足の指まで全身施術できる脱毛で、冬の間に変わってしまうのもいいかもしれませんよね。

この乳液を使ってケア!脱毛中は乳液湿布で肌トラブル回避しよう!

エステサロンで脱毛をする際に、肌にはかなりの負担がかかっています。脱毛はそれまで生えていたムダ毛を熱や光を当てて施術して「抜き去る」わけですから、ほてったり、痛みを伴ったりするのは当然のこと。

エステサロンでは保冷剤をあててほてりを落ち着かせてくれたり、施術中にもジェルを使って痛みを軽減してくれたりします。それ以上に自宅でも保湿ケアをした方がいいのはわかりますよね。ただ、あまり高い金額はかけられないのが事実です。

脱毛をしている人の間で、クチコミで評判な商品があります。それが、「なめらか本舗の豆乳イソフラボン乳液」。

この乳液、プチプラなのでスキンケアにたっぷり使う人が多いと聞きます。普通は顔に使う乳液で同じシリーズの化粧水もあります。化粧水、乳液と使っている人も多いシリーズで、ドラッグストアでも買えるプチプラコスメ。隠れた名品と評判なのですが、イソフラボン=女性ホルモンに似たようなはたらきをすること、乳液で保湿をしてくれることから、脱毛した箇所の「保湿ケア」としても活躍します。

変換 ~ IMG_9889

大判のコットンを使い、乳液をたっぷり染みこませて施術箇所にあてて、そのまま5分程度。いわゆる乳液湿布として使います。同じシリーズの化粧水があれば、化粧水、乳液と2つをひたひたにしみこませたコットンを用意して施術箇所に。パックのようになるので美肌効果もあり、ワキなどだとキメが細かくなる効果も期待できます。

脱毛をしている時は、施術箇所の肌ケアも怠らずに定期的にやっていくことで、それまで悩んでいたカミソリ負けなどの肌荒れも同時になおしていくことができます。ワキはもちろん、Vラインや足、ひじなどボディケアにも乳液湿布を取り入れていけるといいですね。乳液は上で紹介したもの以外にも、持っている乳液でもOK。たっぷり使って保湿してみてください。

ちょっとずつ肌のキメが整っていくと、脱毛効果もはっきりとわかるようになり、快感になるかも……。自宅ケアも重要ですよ!

施術前は抜く?剃る?意外と知らないケア方法

脱毛をするにあたり、初回はカウンセリングを受けることが多いもの。その時にわからないことは徹底的に聞くのが正解です。

例えば、施術前はどうすればいいのかどうかは聞いておいた方がいいでしょう。それまで、自己処理でケアをしていた人は、毛抜きで抜いたり、除毛クリームで処理したり、シェーバーで剃ったり、カミソリで剃ったりしていたことでしょう。ただ、それらを「禁止される」こともあるのを頭に入れておくこと!それはなぜでしょうか。

脱毛エステサロンによくある「光脱毛」。また、医療機関と提携して行う「レーザー脱毛」。これらの2つでは、黒い色素に光をあてて脱毛を行います。これをショットというのですが、もし、自己処理で毛抜きで抜いていると、毛穴には黒い色素がないわけです。そのため、脱毛効果はなくなってしまいます。これではお金をかけて通うにしてもムダになってしまいますよね。

カウンセリングを受ける時に言われるのは、「2センチくらい残してシェービングしてください」ということや「毛抜きでは抜かないでください」といった注意点。それまで”毛を残して剃る”ことをしてこなかった人は、シェービングの方法もわからないと思う場合もあることでしょう。

変換 ~ IMG_9881

おすすめなのは、フェリエなどの眉カットできるシェーバーを用意することです。1000円ほどで買うことができるので、ワキ用などに新調してもいいかもしれません。また、最近ではヴィーナスのようなドラッグストアで売っているカミソリでも長さを残して剃ることができたりもします。シェーバーで長さを残しつつカットすることで、余分な長さのあるムダ毛をキレイにでき、黒い色素は残したまま施術ができます。足やヒジ、口元や眉などはそのままでも構わないのですが、ワキやVラインは「生やしっぱなし」だと、初回や2回目などは量が多すぎる場合もあるので「長さを揃えてキレイにしておく」のもマナー。エステサロンの初回カウンセリングで説明があることがほとんどですが、時には理解していると認識されて省略されてしまうこともあるかもしれないので、確認しておけるといいですね。

パナソニック フェイスシェーバー フェリエ 白 ES-WF40-W